誰の何をどうやって解決するか

更新日:2021年5月19日


「誰の何をどうやって解決するか」これが商売・ビジネスの基本です。


商売していると、どうしてもコンテンツやプロダクトで考えがちです。 「こんな良い商品を作った(売っている)」 「うちはこんな事できる」 「美味しいご飯が作れる」 「整体ができる」 等など。 ex,腰が痛い→安定感抜群のコルセット販売 その前にソリューション(課題解決)です。 ビジネスとは「課題解決である」と。 しかしそこが分かってくると今度は 「解決策」 についついフォーカスしてしまいがちです。 ex,腰が痛い→姿勢が悪い→骨盤矯正 そうじゃなくて、大前提として「イシュー(問題)」にフォーカスしないといけません。 そもそも何で腰が痛いのだろう?と。 ex,腰が痛いのは何故だろう(イシューへフォーカス)→姿勢が悪い→何故→腹圧が弱い→何故→座り仕事→運動不足(原因) ⇒毎日1時間のウォーキング(解決策) この場合、コルセットも骨盤矯正も不要となります。

この考え方は、スタートアップでもスモールビジネスでも同じです。 そしてその方々のバックグラウンドをさらに深堀りしていくと、インサイトや潜在バリュー(内なる不や欲求)に辿り着けるのです。 腰痛→痛みでイライラ→自分の子供が不安定になる→それを見てさらにイライラする→子供との関係ギクシャク ⇒笑顔のある明るく楽しい家庭

そうすると、宣伝での文言が変わってきますよね。


「腰痛解消コルセット¥3980」「腰痛なら当院の骨盤矯正!10000人の実績!」


「痛みさえなければイライラしないのに…。あなたが明るく楽しい日々を過ごせるよう、私たちが力になります」 是非ご参考に、 ご自身の事業でも今一度振り返ってみてください。


それではまた。


#イシュー

#インサイト

#洗剤バリュー

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示